SPECIAL ISSUESPECIAL ISSUE

両家顔合わせ&結納

両家顔合わせ&食事会で親交を深める 正式な結納で両家の絆を強いものに 当日までの準備アイテム
結婚の約束を正式なものにする「結納」。簡単にすませる略式結納や顔合わせ食事会が増えているけれど、両家にとって節目となるイベントだから、両親の気持ちを大事にしながら進めていくのがスマート。ついでに彼ママの好印象をゲットして、スムーズな結婚準備をスタートして。
食事会
顔合わせ&食事会の新スタイル 正式顔合わせ 顔合わせの場で結納品を交換する場合
さまざまな事情で結納を省略する場合、両家が揃う顔合わせ&食事会の場で、正式な婚約を取り交わす例も多い。婚約指輪、結納金、結納返しを両家で用意し、当日交換セレモニーを行おう。略式結納品を持参してもよい。
ふたりが両家を招いて席を設ける場合は、新郎が司会進行役をするのもOK。正式な顔合わせをするなら、会食までは新郎の父親に任せるとフォーマルな流れになる。顔合わせや食事会は正式な進行が決まってないため、事前にふたりで段取りを決めておくことが大切。会食の前に、婚約指輪を渡したり、婚姻届への署名をお願いするなどの、ちょっとしたセレモニーを盛り込むと、メリハリの効いた流れができあがる。
新婦宅へお招きする例もあるが、最近はホテルの顔合わせプランを利用したり、個室のある落ち着いたお店を選ぶのが一般的。接客の質も注意したい。また、両家からのアクセスを考えるのもポイント。予約時に顔合わせである旨を伝えて部屋の確保を。
慶びの席なので、美味しい料理でもてなすのも大切なポイント。相手方の好きなものや苦手な食べ物、アレルギーなどをしっかりリサーチをした上で、メニューを決めること。マナーが心配ならお箸で食べられる内容にしておくと安心。また、乾杯やサーブのタイミングはスタッフと打ち合わせておくと、会食が円滑に運ぶ。
これから親戚になる親たちは、挨拶の必要性を感じてるもの。形式的には新郎側がお招きし、日時を設定して、両家で会食という流れがおすすめ。
会食時の費用は、本人たちが支払う場合や、両家での折半が今は主流。一方が遠方なら、もう一方が負担する方法も。金額と負担は事前取り決めを。
細かなことまで詰めるというより、会場や誰を呼ぶか、何名規模のパーティにするかなど大枠を意見交換。結婚後の生活についても話題のひとつに。
顔合わせ
当日の流れを押さえよう
口上以外は無言で執り行われる結納。仲人を立てる場合は、新郎の父の口上は仲人が述べる。
正式な結納は、訪問したときからの段取りが決まっている。基本的には、仲人(または新郎の父)が口上を述べ、両家を取り持つ。仲人を立てない場合は、新郎側の代表が進めていくのが通例。口上や流れは、結納品店や会場担当者に聞くこともできる。
新婦宅へお招きする例もあるが、最近はホテルの顔合わせプランを利用したり、個室のある落ち着いたお店を選ぶのが一般的。接客の質も注意したい。また、両家からのアクセスを考えるのもポイント。予約時に顔合わせである旨を伝えて部屋の確保を。
日取りにこだわる家とそうでない家があるけれど、どちらかがこだわるのであれば、その気持ちを酌んで。準備に1ヵ月程度かかるのを考慮しよう。
文化や風習の違いがあるのは当然のこと。基本的には、新郎側の慣例に倣うのが無難だが、新婦側で「どうしても」というものは上手に取り入れよう。
結納は家同士の正式な儀礼だからこそ、礼装、略礼装など両家のバランスを整えるのは大切なステップ。一方が恥ずかしい思いをしないように注意。
結納は新婦宅で行い、その後おもてなしの膳を用意していたことから、外で会食する場合も新婦側が準備するのが通例。新郎側は酒肴料を持参して。
結納が終わって自宅へ帰ったら、まずは御礼の電話をしよう。次に、3日以内に御礼状を出すとより丁寧。当日の記念写真を使うのもおすすめ。
結納返しの金額はエリアによって違いがあり、関東は半返しが基本。他エリアでは1割程度のようで、スーツの仕立て券や腕時計を贈るケースも。

本人主体で執り行う場合の配席の一例。本人が上座に座り、続いて父、母の順で着席する。これは、本人同士の結びつきを重視する関東地方に多い席次。家主体の場合は、父、母、本人の順に座る。

家主体で執り行う場合の配席の一例。父、母、本人の順で着席し、仲人は儀式中は下座に着く。家と家との結びつきを大切にする地方では一般的な席次で、関西地方や東北地方、九州地方でよく見られる。
ふたりで話し合おう 決めておくことリスト
関東圏(長野県・静岡県より東)、東北、北海道、沖縄で見られる。少し簡略化するなら家内喜多留、鰹節を省く。スルメ・コンブ等の現物を使うのが特徴。
関西、近畿、東海(一部)、中国で見られる形式。結納金、酒料、肴料の3つに分けてお金を包むのが特徴。豪華さを演出する水引の飾りを添えることが多い。
九州では、結納品と別に真鯛、角樽(清酒)、お茶を用意する場合も。結納引出物は、お盆など割れない角のとれたものと、かまぼこ、かつおパックなど。
略式結納の場合、3品ほどの結納品を用意して、さらに地域色を出すならエリア独自のものを加える。地方に左右されず、コンパクトなのも魅力。
大まかに言うと受領証のようなもの。婚約の印として受け取った結納品の品目を書き、「これこれの品を確かに受け取りました」と書き記すのが基本。
結納品の全てを箇条書きにして、それに日付や名前、「幾久しくめでたくお納めください」という言葉を添えて渡す書状で、納品書のようなもの。
結納返しとは、贈られた結納に対して、御礼とともに、現金や記念品をお返しする儀式のこと。相手の結納品より豪華にならないようにするの慣わしなので、結納時に同時交換を予定している場合は、どの程度の結納品を用意するのかを聞いておく必要がある。
special thanks 結納屋さん.com (http://www.yuinouyasan.com/)

名古屋市を中心とした愛知県と岐阜県の結婚準備の総合ウエディング情報サイト BRIDAL SAKURA「ブライダルサクラ」。挙式・披露宴会場・レストランウエディング・ドレス・ジュエリーなど結婚情報満載!